ボケ防止のブログ。夫とスコ猫のSieg(ジーク) と次男坊のちゅきとの生活。長男くんは天にいます。
by つごん
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:お参り ( 7 ) タグの人気記事

ライオン背負って

毎月恒例のお参り。
b0243809_20533818.jpg

今日はお気に入りのライオンリュックを持ってお出かけ。
(動物園でゲットしました035.gif)
これも自分で背負うようになりました。たまに前後ろ反対だけど。。。


ボール遊びもうまくなってきたもんです。
b0243809_2121416.jpg

ちゅきが激しく遊んでも汗どろどろにならなくなってきたことで、いい季節になってきたなーと実感。
[PR]
by atgong | 2012-10-12 20:52 | ブログ

夏越の祓

ちゅきち、帽子は被るのがあまり好きじゃないらしく被せるのが大変002.gif
何かに夢中になっているうちにこっそり被せます。
でも、麦わら帽子だけはなぜかお気に入りでいつの間にか自分で被って部屋の中をウロウロしてたりする。
b0243809_2264970.jpg

楽しそうに観てるのがセンターインのCMっつうのがどうも・・・

まだ
帽子を被る=外で遊べる
とは思ってないみたい。
関連付くと、外に出るときにうまい具合に自ら被ってくれて楽なんだが。。。

今日は夜、近くの神社(神武天皇が祀られている)で夏越祭りがあったので我が家も茅輪くぐりの神事に参加。
みんな健康に過ごせますよう。
b0243809_22195342.jpg

歩きたいのに、凄い人混みだから歩かせてもらえない。ちょっとブーたれてます。
しかも7時開始だったからちょっと疲れちゃったかも。。。
[PR]
by atgong | 2012-07-30 22:03

萩・長門

長門に行く途中に萩へ寄ってみた。
b0243809_2281110.jpg

雨も止んで、観光客も少なく、歩くには丁度良いタイミングだった。
b0243809_2292717.jpg

何もない高杉晋作公園

そのあと長門に移動し、親族の墓参りをして義姉家族のお宅にお泊まり。
ワンパク盛りの三人の従兄に囲まれ、ちゅきは揉みくちゃ。
物が飛んできても泣きもせずキャーキャー035.gif遊んでもらってました。

従兄たちが習い事にみんな出掛けて留守番している間、ちゅきに夕飯をあげていたその時。

麦茶を飲んだら口の中にザラッと何か入ってきた。
瞬間で何かがピンときて吐き出したら

ギャーーーー!


ヤスデが!!!

キャーヤーヤーヤー!!
と私一人で走り回り、夫とちゅきはポカーン。

義姉宅に着いた時にすぐヤスデが玄関でウロウロしていたのは見て、
「なんか今多いのよねー」と義姉に言われた時、嫌な予感はしたのよね。

でもなんでよりによって私のコップの中に!

今日はあの口の中の感触を思い出してはゾゾゾゾっとして眠れそうにないです。。。
[PR]
by atgong | 2012-07-14 22:05 | ブログ

この日に思うこと

もうあれから二年、歳月が流れました。
二年前の今日、私は小さな男の子を娩出しました。
小さいながらも陣痛はしっかりあって、出産と同じです。でも一つ違うのは、その子は生きていないということ。
数時間後、その息をしていない横たわった我が子に対面しましたが、あの時のことは一生忘れることはないでしょう。

それからは苦しかった。
喪失感。
自分の子に注ぐはずだった愛情のやりどころがなくて毎日ジークを撫でて泣いていた。
そんな私をみて夫も泣いた。
手続き等(うちの町には火葬場が無いため、手続きが煩雑)で役所に出向いたり書類取り寄せの問い合わせをしなければいけないのに、悪徳葬儀屋にあたってしまい、やり取りをしているうち精神的にもボロボロになってしまった。(夫がその会社に怒鳴り込みに行った。ちょっと脅迫じみた手紙を配達記録で送ったり。。。)

あの時には、今の平和な日がくるなんて全く思っていなかった。
でもあの辛い日々がなければ、私たち夫婦の絆もこんなに強くならなかったかも。
夫への感謝の気持ちはこんなに強くなかったかも。

私たち夫婦が後悔していることが一つあります。
それは一人で何も持たせず逝かせてしまったこと。
病院によっては遺体と一緒に赤ちゃんの服や人形などを棺に入れられることを教えてくれるらしいけど、 私たちは何も知識がなく、私たちはただ病院側の言うがままに従ったので我が子はそのまま葬儀業者に渡ってしまった 。一人で何も持たず、寂しく逝かせてしまった。火葬後は遺骨も残らなかった。
未だに悔やんでも悔やみきれません。

私たちはこの世に迎え入れることが出来なかったちゅきのお兄ちゃんに毎月家族で挨拶をしにいっています。
私たちみんなが元気でいることの報告、見守ってくれますようにとのお願い、そしてお兄ちゃんが寂しくないように。
b0243809_22401468.jpg

[PR]
by atgong | 2012-05-12 20:30 | ブログ

再会

一年以上振りに糸まんまさんと再会056.gif
彼女は私が大学(医学部)で働いていたときの後任者です。
今は二人ともママに!

ちゅきは糸まんまさんとこのみかちゃんとオモチャの奪い合いをして負けて、エーンって泣いてました。
b0243809_21563896.jpg

b0243809_21474638.jpg

ちゅきの方が二ヶ月お兄さんだけどね。。。
家での暴君ぶりはどこへやら。
ほんと内弁慶なんだから(;´д`)

みかちゃんは眠いとスーっと眠りについてました。
羨ましい・・・
いつになったらちゅきは寝グズリが無くなるんだろう。


今日はパパが早く帰ってきてくれたので、毎月恒例のお参りへ。
b0243809_2154736.jpg

日の入りも遅くなりましたな。
7時位だけどまだ明るかったよ。


今日は久しぶりの遠出で、糸さんとの話も楽しくてほんと、楽しかったわ。
こういうリフレッシュは親子共々必要だね。
[PR]
by atgong | 2012-04-12 21:36 | ブログ

お参り

今日も夫の出勤前にお参り。
b0243809_2181965.jpg

雪が舞い落ちる寒い朝でした。

こんな寒い時にぴったりの温かいおやつ。
b0243809_2110521.jpg

バーデン風ノッケンを作ってみた。
飽食のこの時代に食べたい素朴なお菓子。
[PR]
by atgong | 2012-03-12 21:11

お参り

夫の出勤前にみんなでお参り。
b0243809_10393068.jpg

[PR]
by atgong | 2011-12-12 10:38 | ちゅき